2005年02月21日

バーチャルでよかった

 世の中にはマネーゲームと呼ばれるものが数え切れないほどある。株式・為替取引もそのひとつかもしれない。インターネットの利用や常時接続サービスの普及で株式・為替取引のための口座も確実に増えている。最近はデイトレーダー(1日の売買取引で利ざやを稼ごうとする投機家)の数も着実に増加しているばかりか、取引を行う人の年齢層も年々下がる傾向にあるといわれる。
 WEB上の金融・経済関連情報サイトを見て回っていたら偶然「バーチャルFX」なるものを発見した。外国為替の仮想取引ゲームで、為替変動は現実のデータをそのままリアルタイムに利用している。新規登録時点で与えられる仮想マネー(500万円)を運用し、運用成績が優秀であれば豪華賞品までもらえるという。登録は無料だというので私も参加してみた。

 始めてみるとこれが案外面白い。利ざやが生まれているときは時間が過ぎるのも忘れて売買のタイミングに全身全霊を投じるようになっていた。ビギナーズラックとはよく聞く言葉だが、始めのうちは「結構いけるかも。ひょっとして自分はこういう取引に向いているのかな?」と図に乗り過ぎていた。これが日を追うごとに調子が崩れていき、しまいに信用取引残高のツケだけが重くのしかかるようになった。

 「破綻だ!」

 しばらくゲームから退いて、半年ぶりにサイトにログインしてみたら、いつの間にか仮想マネーは500万円に復帰していた。どうやら1ピリオド(ゲーム期間の1区切り)が終わり、次のゲームが開始されていた模様。あくまで仮想取引だからショックからも立ち直れるが、これが現実のマネーゲームだったらと考えると・・・恐ろしくなった。逆に、為替取引の仕組みは以前よりよく理解できたつもりだ。一般に素人が手を出すべきではないといわれる理由や陥りやすい点が自分の頭の中に描けるようになったことは進歩だろうか。現実の取引に興味がなくても、ゲームを通じていろんなことを学ぶことができるのでオススメである。


Click Here!



[PR]あの欲張り王が最高賞金50万円→1000万円に!!
posted by ウィグリ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融/証券/保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2066760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。