2005年02月25日

2歳頃からOK!


icon
ピングー(1)
PINGU(ピングー)
icon

 これはオススメ!

 身内の子の話で恐縮だが、これは1歳頃から見せ始めたDWE(ディズニー・ワールド・オブ・イングリッシュ)に次いで、非常におとなしく鑑賞する作品だ。ピングーとその仲間たちのおしゃべりは何語とも分からないような、単なるフィーリングでベラベラと言葉を並べるだけなので、まだ十分に言葉が理解できない幼児でも十分楽しめる。3歳くらいになると、滑稽な場面を見てウケたり大笑いしたりもする。

 平均的に2歳くらいになると、子供は独りで自由に歩き回ることを覚えて何かと母親ベッタリの「金魚の糞」になっていく。台所で夕飯の支度をする母親にとって足元にまとわりつく子供は手を焼く存在。可愛いから抱き上げたい気持ちは山々。でも、旦那さんが帰ってくるまでには何とか食事の用意だけはしなければ。

 こんなときに見せてあげると、本当にわずかではあるが時間稼ぎができると思う。人が面倒を見ているわけではないので直ぐに飽きて「ママ、ママ・・・」と駆け寄ってくるかもしれないが、好奇心の旺盛な子ほどよく見入る傾向があるようだ。また、時間があるときは膝の上に子供を座らせて一緒に観て笑ったりするといいかもしれない。ピングーのしぐさと「笑う」というリアクションが体験的につながっていくので、感情も豊かになっていく。

 ピングーはシリーズ作品として売られているが、たまに特別セット版(ボックスパッケージ)などが企画される。今回は2005年3月25日に発売予定の「ピングー25周年記念ベリースペシャルDVDボックス(\7,410)」があるが、間もなく予約も終了の模様だ。これもまた限定オリジナルピングーパペット、ステッカー、ブックレットなどの特典が付属されているので、子供は大喜びに違いない。


icon
ピングーDVD
25周年記念特別DVDボックス
icon
posted by ウィグリ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児/知育/玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

ひたすら笑うための映像作品

 映像表現よりもひょっとしたらアナウンサーのコメントの方が笑えるかもしれない。いやいや、映像との絶妙なコンビネーションがあってこその笑いだろうか。初めて見たときは「こんな競技ができたの?」と、マジマジ見てしまった。その作品はCGアニメによる「スキージャンプ・ペア」という。下が商品パッケージのイメージ。(クリックでセブンアンドワイのページへ移動)


icon
icon

 私が見たのは初版で「Part1」などと刷られてはいなかったから、すっかり単発モノの作品だと思っていた。最近、テレビのCMで見かけて「あ、あれ、知ってる!」。早速avexのサイトを探したらスキージャンプ・ペアのページに2作目が掲載されていた。1作目でツボにはまってしまったから、多分近いうちに2作目も買うことになろう。もちろん皆にもオススメ。買うのはちょっと・・・というならオンラインDVDレンタル「ぽすれん」というサイトを利用して、まずは初版の「スキージャンプ・ペア」から鑑賞してみてはいかがだろう。

バーチャルでよかった

 世の中にはマネーゲームと呼ばれるものが数え切れないほどある。株式・為替取引もそのひとつかもしれない。インターネットの利用や常時接続サービスの普及で株式・為替取引のための口座も確実に増えている。最近はデイトレーダー(1日の売買取引で利ざやを稼ごうとする投機家)の数も着実に増加しているばかりか、取引を行う人の年齢層も年々下がる傾向にあるといわれる。
続きを読む
posted by ウィグリ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融/証券/保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。